カナダ・ドル:対米ドルでほぼ変わらず-株価不安定、原油も上値重い

29日の外国為替市場で、カナダ・ ドルは米ドルに対してほぼ変わらず。株価が上下動し、原油相場が1 バレル=67ドルを下回る水準にとどまる中、一時は0.7%下落する場 面もあった。

ブルームバーグのデータによれば、今月の米ドルに対するカナ ダ・ドルの上昇率は0.9%にとどまっており、英ポンドとメキシコ・ ペソを除く主要16通貨の中で最も悪いパフォーマンスとなっている。

カナディアンフォレックスのシニア・バイスプレジデント、ジョ ン・カラン氏(トロント在勤)は「引き続きレンジ取引だ」と述べ、 「本物の勢いがない。ギアチェンジを促すような変化が最近は何も起 きていない」と説明した。

カナダ・ドルはトロント時間午後4時21分(日本時間30日午前 5時21分)現在、1米ドル=1.0855カナダ・ドル(1カナダ・ドル =0.9213米ドル)。前日は1.0846カナダ・ドルだった。この2カ月 間は1.0592-1.1125カナダ・ドルのレンジで取引されている。

カナダ国債市場では、2年物国債(表面利率1%、2011年9月償 還)の利回りが1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し、

1.29%だった。価格は2セント下げて99.47カナダ・ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE