円高に歯止めも、藤井財務相がしかるべき措置取ると発言-コメルツ銀

コメルツ銀行によると、藤井 裕久財務相が外国為替市場の安定化でしかるべき措置を取る可能性を 示したのを受け、円高・ドル安の流れに歯止めがかかる公算が大きい。

藤井財務相が29日に都内で開かれた会見で、円高是認とはひ と言も言っていないと述べたのを受け、円は約8カ月ぶりの高値から 反落した。同相は一方で、原則としては政府による為替市場への介入 に反対の姿勢もあらためて示した。

ウルリヒ・ロイヒトマン氏らコメルツ銀の為替ストラテジスト は「Fujii is backpedaling(仮訳:藤井財務相は発言撤 回)」と題したとリポートで、「藤井財務相は円に関する自身の発言 の影響を認識するようになり、騒ぎを鎮めようとしている」と指摘し た。

コメルツ銀行によると、日本の消費者物価の下落も対ドルでの 円下落につながる可能性が高いという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE