NY原油(29日):下落、ドル上昇で代替投資の魅力が減退

ニューヨーク原油相場は下落。 ドルが対ユーロで上昇し、代替投資としての商品の魅力が減退した。 燃料在庫の増加予想も売り材料だった。

原油価格は今年2月以降、約2倍に上昇。この間ドルは対ユー ロで17%下落した。先週の燃料在庫は製油所の点検整備を背景に 増加したとの予想が広がっている。

トラディション・エナジー(コネティカット州)のアナリスト 兼ブローカー、ジーン・マクギリアン氏は「ドル相場は今後も原油価 格の先行指標となる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物11月限は前 日比0.13ドル(0.19%)安の1バレル=66.71ドルで終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE