9月29日の欧州マーケットサマリー:株が続伸、米住宅統計を好感

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.4579 1.4622 ドル/円 90.24 89.63 ユーロ/円 131.55 131.06

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 243.59 +.39 +.2% 英FT100 5,159.72 -5.98 -.1% 独DAX 5,713.52 -22.79 -.4% 仏CAC40 3,814.10 -10.90 -.3%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 1.24% +.02 独国債10年物 3.22% -.03 英国債10年物 3.61% -.02

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 989.50 -2.25 -.23% 原油 北海ブレント 65.37 -.17 -.26%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は続伸。フランスの銀行、BNPパリバが公的資金 返済を目的とした増資計画を発表したほか、米住宅価格指数がリセッ ション(景気後退)が和らぎつつある兆候と受け止められ、株価は上 昇した。

BNPパリバは2.4%高。同行は43億ユーロの増資計画を明ら かにした。英保険会社、リーガル・アンド・ゼネラル・グループを中 心に保険株が高い。企業買収の動きが加速するとの思惑から買いが膨 らんだ。

一方、ドイツのエンジニアリング会社シーメンスがこの1年間は 「困難な」年だったとの見方を示したことで売られたほか、9月の米 消費者信頼感指数が予想に反して低下したことから、株価指数は伸び 悩んだ。

ダウ欧州600指数は前日比0.2%高の243.59で引けた。この 日の取引は方向感のない展開に終始した。同指数は3月9日の水準か ら54%上げている。ブルームバーグのデータによれば、同指数構成 銘柄の株価収益率(PER)は2003年以来の高水準となった。

ウニクレディト・プライベート・バンクの調査責任者、モニカ・ ローゼン氏(ウィーン在勤)はブルームバーグテレビジョンとのイン タビューで、「市場は明らかに予想以上に底堅いことを示した。株式 をオーバーウエートとしているかどうかにかかわらず、市場はやや神 経質になっている」と語った。

29日の西欧市場では、18カ国中11カ国で主要株価指数が上昇。 ダウ・ユーロ50種指数は前日比0.2%安となった一方で、ダウ・欧 州50種指数は0.2%上昇した。

リーガル・アンド・ゼネラルは続伸し、4.8%高となった。27 日付の英紙サンデー・テレグラフによれば、同社は、英資産家クライ ブ・カウデリー氏率いる投資会社レゾリューションによる買収回避に 向け文書を準備している。レゾリューションは先月、英生保のフレン ズ・プロビデント・グループ買収で合意した。

英保険会社のアビバとスタンダード・ライフはいずれも3%上げ た。ダウ欧州600指数を構成する19産業グループの中で、保険株指 数は最大の上げを記録した。

◎欧州債券市場

欧州債市場では、ドイツ2年債相場が下落。9月のユーロ圏景況 感が1年ぶり高水準となったことを受け、安全資産としての国債需要 が後退した。

独2年債利回りはほぼ1週間ぶり高水準となった。欧州連合(E U)の欧州委員会が同日発表した9月のユーロ圏景況感指数は82.8 と、前月の80.6から上昇した。イタリアが約97億ユーロ相当の国 債入札を実施したほか、7月の米住宅価格指数の低下率が市場予想より も小幅だったことも、国債相場の押し下げ要因となった。

クレディ・スイス・グループのシニア債券ストラテジスト、ミヒ ャエル・マルコビッチ氏(チューリヒ在勤)は、「利回りが低下する トレンドは比較的早期に終わる。経済状況の改善は続くだろう」と語 った。

ロンドン時間午後4時40分現在、2年債利回りは前日比3ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.25%。一時は

1.28%まで上げた。同国債(表面利率1.25%、2011年9月償還) 価格は0.06ポイント下げ100.01。

一方、10年債利回りは前日比3bp低下の3.22%。この結果、 2年債との利回り格差(スプレッド)は198bpとなり、8月26日 以降で最小となった。

◎英国債市場

英国債市場では2年債相場が下落。同利回りは前日比12ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01ポイント)上昇し、0.89%。一方、 10年債利回りは3.61%と、前日から2bp低下した。一時は

3.67%まで上昇する場面もあった。

外国為替市場ではポンドの対ユーロ相場が6月初め以来の大幅高 となった。英産業連盟(CBI)が発表した9月の英小売売上高指数 が過去5カ月で最高となったことが背景。

イングランド銀の金融政策委員会(MPC)は今月、資産買い取 り規模を1750億ポンド(約25兆1800億円)に維持することを決 定した。MPCは借り入れコストを引き下げ、第2次対戦以降最悪の リセッション(景気後退)からの脱却を目指している。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net Editor: Yoshito Okubo 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE