ルクセンブルク首相:トービン税に「イデオロギー的に反対ではない」

ユーロ圏財務相会合の議長を務 めるルクセンブルクのユンケル首相兼国庫予算相は29日、導入の議 論が出ている国際金融取引税(トービン税)について、「イデオロギ ー的に反対ということはない」と述べた。

同首相はブリュッセルの欧州議会の経済金融委員会で証言し、ト ービン税については「議論する必要がある。個人的にはイデオロギー 的に反対ではないが、慎重に考慮を尽くさなければならない」と語っ た。

一方、トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁は前日、同税に反対 する考えを表明した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jones Hayden at +32-2-285-4312 or jhayden1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE