大和が「マイクロファイナンス・ボンド」販売-貧困層向け融資に寄与

大和証券グループが、債券投資を 通じて発展途上国の貧困層向けの融資(マイクロファイナンス)の資 金を提供する新型の債券、「マイクロファイナンス・ボンド」を初めて 販売する。大和証券グループ本社が29日、発表した。

この債券は、世界銀行グループの国際金融公社が発行体となり、 大和証券が日本の個人や法人の投資家に販売する。発行通貨は、オー ストラリアドル建てかニュジーランドドル建てを予定している。国際 金融公社は、ムーディーズやスタンダード・アンド・プアーズ(S& P)から「トリプルA」と最上級の格付けを取得しているため、この債 券自体の信用力は高い。今年11月の発行を予定しているという。

発表資料によれば、発展途上国などの貧困層に対して小規模な金 融サービスを提供する社会的事業は、マイクロファイナンス事業と呼 ばれ、国際金融公社は、この事業に年間数億ドルを供与する予定。日 本でのマイクロファイナンス・ボンドの発行で調達された資金は、主 としてこの事業をサポートするために活用される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE