シャープ:LEDテレビを国内普及モデルにも拡大-年末商戦で攻勢

液晶テレビ国内最大手のシャープは 29日、液晶テレビ「AQUOS(アクオス)」の新シリーズを発表した。 次世代液晶パネルと省エネ性の高い発光ダイオード(LED)をバック ライトに採用。画質と環境性能を高めた新製品で年末商戦に向け販売攻 勢をかける。

4機種を11月10日から順次発売し、店頭想定価格はサイズに応じ て25万円前後から55万円前後の見込み。これまでのLED搭載テレビ は100万円前後の高級モデルのみだったが、普及モデルを拡充する。当 初の月産台数は3万台。

新技術の採用で白と黒のコントラストがより鮮明になったほか、L EDと新技術の組み合わせで年間消費電力量は旧モデルに比べ30%以 上削減できる。松本雅史副社長は会見で「今後、すべての機種のバック ライトをLEDに切り替える」と述べた。新技術は10月に稼働する堺 工場(大阪府堺市)、亀山第2工場(三重県亀山市)でも導入する。

-- Editors:Chiaki Mochizuki  Takeshi Awaji

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 白木 真紀 Maki Shiraki +81-3-3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE