米消費者のハロウィーン支出、今年は総額で18%減少へ-NRF調査

米国の消費者は必需品以外の出 費を減らすなか、今年はハロウィーンでも衣装や子供に配るお菓子 への支出を抑える見通しだ。

全米小売業協会(NRF)の調査によると、今年のハロウィー ンでの支出予定額は平均56.31ドル(約5000円)と、前年の66.54 ドルから減少。支出額は全体で前年同期比18%減の48億ドルにと どまる見通しという。

NRFによれば、米国で消費の盛り上がりが8番目に大きいハ ロウィーンを今年祝う人は減る見込みだ。失業や住宅価格下落で今 年の家計支出は抑制されている。米商務省の統計によると、8月の 米小売売上高は新学期向け支出の押し上げ効果で前月比2.7%増え たが、前年同月比では5.3%減った。

NRFのトレーシー・マリン会長兼最高経営責任者(CEO) は発表資料で「米経済が今年のハロウィーンに影を落としている」 と指摘した。

調査は1日から9日にかけて消費者8526人を対象に実施した。 誤差率はプラス・マイナス1ポイント。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE