UBSのグルーベルCEO:1年後には健全な状態取り戻す-FT紙

スイスの銀行、UBSのオズワル ド・グルーベル最高経営責任者(CEO)は、英紙フィナンシャル・ タイムズ(FT)とのインタビューで、同行が1年後には健全な状態 を取り戻すとし、スイス政府の救済措置の下で交わした取り決めを解 消する準備はできているとの認識を示した。

FT(オンライン版)が28日に掲載したインタビューによると、 同CEOは、同行が米富裕層向け資産運用部門ペインウェバーについ て、複数の買い手候補から打診を受けたことを明らかにした。ただ、 「現在のバリュエーションでの売却は筋が通らない」と述べたという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Tim Smith in Sydney at +61-2-9777-8678 or tsmith58@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE