総務相:NTT再編論議、10月中めどに再開-作業部会を設置へ

原口一博総務相は29日の閣議後会 見で、NTT再編問題などを国際的な観点から討議する同相主催の作 業部会を、10月中をめどに立ち上げると表明した。同相は就任時から 自公政権時代の2006年に政府・与党で成立した再編論議の10年まで の凍結合意を撤回する意向を示していた。

会見で配布された資料によると、作業部会名は「グローバル時代 におけるICT(情報通信技術)政策に関するタスクフォース」。NT Tにとどまらず、通信・放送業界が国際競争力を発揮するための方策 などを討議する。

原口氏は議論に当たって「何かを聖域にするということはない」 と説明。06年の自公合意に関する検証も行う、と述べた。

民主党が設置を掲げてきた日本版FCC(米連邦通信委員会)の 内容に関する論議について原口氏は、タスクフォースとは「別建ての 方式を考えている」と説明。FCCは放送業界への対応を主眼に置い た「言論、放送、表現の自由に関わる」組織だと強調した。

原口氏は17日の就任記者会見で、政権交代を機に、来年を待たず にNTT再編論議を再開する意向を表明。06年当時に議論されたNT Tの機能分割を「2周遅れの改革論議」と評していた。ただ、翌18日 の会見では、自身が「NTT寄り」との見方は誤解だと述べていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE