米ワーナーとユーチューブ、音楽ビデオ配信で合意に近づく-関係者

米音楽大手ワーナー・ミュージッ ク・グループと、米グーグル傘下の動画共有サイト、ユーチューブが、 音楽ビデオの配信をめぐり合意に近づいていることが分かった。交渉 に詳しい関係者が明らかにした。合意すれば、マドンナやグリーン・ デイといったアーティストの映像が再び同サイト上で見られることに なる。

交渉が非公開だとして匿名を条件に語ったこの関係者によれば、 合意は今週中にも発表される可能性がある。ワーナー・ミュージック は、所属するアーティストの映像とともに表示される広告を販売し、 収入の大半を維持できるようになるという。

ワーナー・ミュージックは昨年12月、音楽ビデオの使用料をめぐ る交渉が折り合わなかったことから、ユーチューブとの提携を解消。 サイト上から所属アーティストのビデオクリップを削除した。所属ア ーティストにはメタリカなども含まれる。

関係者によると、ワーナー・ミュージック所属アーティストのビ デオクリップは、年末までにユーチューブへの再投稿が始まる公算だ。 ワーナー・ミュージックは、広告販売で代理店への依頼などに動く可 能性もある。

ワーナー・ミュージックの広報担当アマンダ・コリンズ氏と、ユ ーチューブの広報担当クリス・デール氏はともにコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE