夏季講習好調でリソー教育株が高値接近、高学歴志向映す-上期増額

個別指導塾大手のリソー教育株 が6連騰。高学歴志向を背景に中学受験対策の夏期講習会が好調だっ たため、第2四半期の利益を上方修正した。好業績を評価する買いが 膨らみ、一時3.8%高の5700円と8月6日に付けた年初来高値 5770円に迫った。

松井証券営業グループ・営業企画ユニットの土信田雅之サブリ ーダーは、「景況感の悪化で雇用環境が厳しさを増す中、親の学歴志 向が高まりを見せ、塾の需要が伸びている」と指摘。生活費の中でも 子どもの学費は減らしにくい上、民主党の子ども手当てへの期待もあ り、塾の需要は堅調に推移すると見ている。

リソー教育が28日の取引終了後に発表した第2四半期累計(3 -8月期)の連結業績修正によると、純利益が従来計画比61%増の 4億2200万円となったもよう。従来計画は3億2100万円。中学受 験向けの夏期講習会の受講実績が好調。さらに、コスト削減効果や授 業料の引き上げも利益を押し上げた。

ただ、2010年2月期の業績予想は据え置いている。同社経理部 の劉賢一郎氏は、夏期講習会が好調だったものの、「もう少し先行き を見極める必要がある」と説明。連結純利益は前期比44%増の9億 5000万円を見込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE