財務相:異常に動いたら国益のためにしかるべき措置-為替(Update1

藤井裕久財務相は29日午前の閣議 後会見で、前日に一時1ドル=88円台まで急伸した円相場の動向につ いて「異常に動いたら国益のためにしかるべき措置を取ることもあり 得る」と述べ、為替介入も辞さない構えを示した。

また、財務相は「1930年代に為替ダンピングという通貨安競争に よって第二次世界大戦の経済的側面になった」とした上で、「円高是認 とはひと言も言っていない。継続的な通貨安政策は必ず世界経済を破 滅させる」との考えをあらためて示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE