アイスランド首相:IMF融資の審査と供与、「これ以上待てない」

アイスランドのシグルザルドッテ ィル首相は、同国が国際通貨基金(IMF)による救済融資の審査と 2回目の供与をこれ以上待てない状況にあることを明らかにした。

同首相は26日、ガルザバイルでのインタビューで、「アイスラン ド向け融資プログラムの審査はあまりにも遅れている」と指摘した。

IMFは、破たん銀行の預金者からの請求をめぐるアイスランド と英国およびオランダとの論争が決着するまで融資の供与を保留して いる。アイスランドの銀行ランズバンキ・イスランズが昨年破たんし たことを受け、同行のオンライン銀行部門アイスセーブに預金を持っ ていた数千人の英、オランダ国民が貯蓄を失う危機にさらされた。英 国は反テロ法を適用し、アイスランドが請求額の保証に合意するまで 英国内にあるアイスランドの銀行の資産を凍結する措置を取った。

シグルザルドッティル首相は「われわれは依然、融資プログラム の審査が10月に実施されると期待している」としながらも、「IMF が審査の前にアイスセーブ問題の解決を望んでいることは明らかだ」 とも語った。

その上で、IMFの審査が次回の理事会で実施されなければ、「ア イスランドの銀行再建が危うくなり、アイスランドを回復軌道に戻す べく実行されている金融・経済政策に悪影響が及ぶ」との認識を示し た。審査は当初、2月に実施される予定だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE