PIMCO正直氏:日本の中期国債への投資が賢明-社債には慎重

債券ファンド運用最大手、米パシ フィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)日本部門、 ピムコジャパンの正直知哉ポートフォリオマネジャーは、PIMCO が日本の中期国債を選好していると述べた。また日本の新政権は円の 上昇を容認する可能性があると指摘した。

正直氏はPIMCOのウェブサイトに掲載されたリポートで、日 本銀行の「相当期間にわたる低金利政策と、日本経済の潜在的な下方 リスクから」日本の中期国債が今後も賢明な投資先になるとの見方を 示した。

正直氏はまた、民主党を中心とした新政権が円の上昇を容認する 公算があると分析。「民主党の米国から距離を置くアジア寄りの外交姿 勢と、企業よりも家計を重視する経済政策は、中長期的な円高容認を 意味していると思われる。これは、他のアジア諸国が自国通貨高を徐々 に容認しつつある姿勢にも通じる」と説明した。

正直氏は日本の社債について、PIMCOは「慎重」姿勢をとっ ていると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE