「妖怪ファンド」初の組成、クールジャパンで観光客取り込み

日本の妖怪を描いた漫画「ゲゲゲ の鬼太郎」(水木しげる著)を題材とした投資ファンド組成の準備が 進んでいる。調達した資金で妖怪にまつわる商品を作成、水木氏の出 身地で販売する。クールジャパンとして海外で注目されている日本の 漫画を通じて国内外の観光客を取り込む初の試みになる。

証券化を手掛けるミュージック・セキュリティーズ(東京都千代 田区)の小松真実代表取締役(34)が「妖怪ファンド」を10月中に募 集する計画を28日、明らかにした。インターネットで個人投資家から 最大3000万円調達する。水木氏の故郷鳥取県境港市にホテルを建設す る構想もあり、規模が大きい第2弾ファンド組成の可能性もある。

カッコイイ日本として世界的に関心が高まっているクールジャパ ンの1つ、漫画を通じて海外観光客も取り込む。日本の漫画では手塚 治虫氏の「鉄腕アトム」がハリウッドでアニメ映画「Astro Bo y」として復活、ニコラス・ケイジさんなどを声優に起用して今秋に 日米で公開される。

セゾン投信の中野晴啓社長は、妖怪ファンドについて「海外で高 く評価されている日本のアニメは海外の資金も呼び込める力がある」 と評価した。その上で「ファンドのイメージを覆す金儲けとは正反対 の地域活性化を目指した試みで、成功するかどうか注目している」と 述べた。

小松代表は妖怪ファンド事業関連での業務提携を模索して、鳥取 県内の複数の地元企業と話し合いを重ねている。事業を地元企業の活 性化につなげるのが狙いで、すでに提携の意向を示している企業もあ るとしている。

NHK連続テレビ小説

公共放送NHKは連続テレビ小説で、水木さんの妻・武良布枝さ んを女優の松下奈緒さんが演じる「ゲゲゲの女房」を来年3月末から 半年間放送する。このドラマで境港市への認知度が増すのは確実。J R境港駅周辺には水木しげるロードや水木しげる記念館がすでにあり、 昨年で延べ300万人が訪れた。

2001年設立のミュージック・セキュリティーズは、音楽ファンド や純米酒ファンドといった65ファンドをこれまで組成、約5億円を集 めた。資金は純米酒の原材料や音楽CD作成に充てられている。小松 代表はこうしたファンドの狙いについて「金融機関が評価しにくい、 日本や日本の地域に根ざした独自カルチャーの対外的発信を金融面か らサポートすること」と語った。

--取材協力 東京 山崎朝子 Editors: Kenshiro Okimoto、Tetsuki Murotani

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ: 東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno +813-3201-8841 e.ueno@bloomberg.net

浅井 真樹子 Makiko Asai +813-3201-8955 masai@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ: 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Peter Langan +813-3201-7241 plangan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE