亀井金融相:貸し渋り対策の法制化作業、大塚副大臣中心にきょう開始

亀井静香金融・郵政担当相は29日午 前の閣議後会見で、与党3党の政策合意文書に明記した中小企業などへ の「貸し渋り・貸しはがし対策」について、同日から法制化に向けた具 体的な検討に入ることを明らかにした。同日に大塚耕平金融副大臣らを 中心とする検討チームの初会合を開いて作業に着手する。

亀井金融相は、金融庁の検査が厳しく銀行は不良債権増加につなが る返済条件の緩和に消極的だとし、「政府が規制、介入する必要がある 状況だ」と指摘した。検討チームでは金融相が提案している返済猶予制 度をはじめ中小企業の資金繰りなどを支援する対策の立案を進める。

金融相は、この貸し渋り・剥がし対策の具体化については鳩山由紀 夫首相から全面的に任されていると強調。その上で「このまま放ってお くと年末は大変なことになる。この法律は資金繰りだけでなく日本の雇 用のほとんどである中小企業を助ける目的もある」などと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE