米CIT債上昇、新規融資確保に向けシティやBOAと交渉との観測で

米商業金融大手CITグループ の債券(2009年11月償還)価格は、同社が30億ドル(約2700億 円)の融資を80億-100億ドルの担保付き融資に借り換える方向で 米銀シティグループやバンク・オブ・アメリカ(BOA)と交渉して いるとの観測を手掛かりに上昇している。米調査会社クレジットサイ ツが指摘した。

米金融取引業規制機構(FINRA)の債券価格報告サービス、 トレースによると、5億ドルのCIT債(2009年11月3日償還、 表面利率4.125%)価格は21日以降、額面1ドル当たり5.25セン ト上昇して83.625セントとなった。9月初め以降では14.125セン ト上昇。ニューヨーク時間28日午後2時58分(日本時間29日午前 3時58分)現在は、0.375セント下落となっている。

クレジットサイツのアナリスト、アダム・スティア氏(ニューヨ ーク在勤)らは27日付リポートで「償還が近い債券価格の上昇は、 この観測に基づくものだとわれわれは確信している」と説明した。観 測の正当性や米連邦準備制度理事会(FRB)がこうした措置を承認 する必要があるかについては確認できないという。

CITは7月に破産申請する可能性を表明している。同社は米政 府からの追加支援を確保できず、債券保有者から30億ドルの救済融 資を受けた。

CITやBOA、シティの広報担当者はいずれもコメントを控え た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE