米国株:5週ぶり大幅高、M&A活発で-ダウ124ドル高

米株式相場は上昇。主要株価指 数は5週間ぶりの大幅高。医薬品やテクノロジー業界での買収発表を 受け、企業の買収・合併(M&A)活動が6年ぶりの低水準から回復 しているとの兆しが示されたことを好感した。

コンピュータサ-ビス会社のアフィリエーテッド・コンピュータ ー・サービシズは急伸。プリンター大手ゼロックスが同社を買収する ことで合意した。買収総額はゼロックスにとって過去最大規模となる 64億ドル。医薬品開発のアボット・ラボラトリーズも高い。同社は ベルギーのソルベイ社の医薬品部門買収を発表。ソルベイのコレステ ロール治療薬「トリコール」を完全に手中に収める。

ネットワーク機器最大手シスコシステムズは7月以来の大幅高。 バークレイズがシスコの売上高増加の見通しを示したことが買い材 料になった。

S&P500種株価指数は4営業日ぶりに反発し、前週末比1.8% 高の1062.98。ダウ工業株30種平均は同124.17ドル(1.3%)上 昇の9789.36ドル。ユダヤ教の祝日(ヨム・キプル)の影響で商い は薄く、ニューヨーク証券取引所の出来高は約9億7900万株と、過 去3カ月平均を21%下回った。

ジョンソン・イリントン(ニューヨーク州アルバニー)で16億 ドル以上の資産運用に携わるヒュー・ジョンソン会長は、「買収活動 が持ち直しており、これが非常に大きな影響を与えている」と指摘。 「市場にマネーが投じられることは常に好材料だ」と述べた。

S&P500種の金融株指数が3.4%値上がりし、S&P500種全 体の上昇をけん引した。主要10業種はすべて上昇し、S&P500種 が22日に付けた1年ぶり高値からの下落率は0.8%に縮まった。同 指数は3月の12年ぶり安値から57%値上がりし、株価収益率(PE R、営業利益実績ベース)は04年以来の高水準となっている。ブル ームバーグのデータによると、22日時点のPERは20.2倍。

M&A

ブルームバーグのデータによれば、米企業が関連するM&Aの総 額は9月に491億ドル。8月は266億ドル、7月は368億ドルだっ た。年初から9月3週目まででは4925億ドルと、03年以来で最低の ペースだった。

ゼロックスは、アフィリエーテッド・コンピューター・サービシ ズ1株につき現金とゼロックス株の合計約63.11ドルを支払う。こ れはアフィリエーテッド株の25日終値を34%上回る水準。プリンタ ー機器の売り上げが減少するなか、ゼロックスは今回の買収によりサ ービス市場への事業拡充を図る。

アフィリエーテッドは14%高と、S&P500種の構成銘柄で上 昇率トップ。一方、ゼロックスは14%安となり、同指数の下落率で首 位となった。

アボット・ラボラトリーズは2.6%高。同社によるソルベイ社医 薬品部門の買収は、新興市場でのシェア拡大のほか、同社のリウマチ 治療薬「ヒューミラ」への依存度低下に貢献すると見込まれている。

キャッシュフロー

クレディ・スイス・グループとブルームバーグがまとめたデータ によると、米経済が70年ぶり最悪のリセッション(景気後退)から 脱却するなか、企業のキャッシュフローは6月末までの1年間の1兆 5000億ドルから増加する可能性がある。

シスコシステムズは4.4%高と、5営業日ぶり反発。バークレイ ズはシスコの投資判断を「イコールウエート」から「オーバーウエー ト」に引き上げた。

S&P500種の保険株指数は5%高。金融保証会社(モノライ ン)のMBIAや保険大手ハートフォード・ファイナンシャル・サー ビシズ・グループが10%超値上がりし、同指数上昇のけん引役とな った。

インシュアランス・サービシズ・オフィスによると、自動車・住 宅保険大手のオールステートなどを含む損害保険会社は(4-6月) 第2四半期に引き受け業務で黒字を回復。保険料収入の増加が寄与し たもようだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE