英国債:下落、2年債利回り0.76%-住宅価格上昇で売り

英国債相場は下落。株高に加え、 9月の英住宅価格が2年ぶりの大幅上昇となったことで、比較的安全 な債券への需要が後退した。

2年債利回りは少なくとも1992年以来の最低水準から上昇。イ ングランド銀行(英中央銀行)のチーフエコノミスト、スペンサー・ デール氏が、「事態が安定化したとみられる兆しがある」と指摘した とのエクセター・エクスプレス・アンド・エコー紙(オンライン版) の報道が背景。

カリヨンの債券ストラテジスト、オーランド・グリーン氏(ロン ドン在勤)は「英経済にとり住宅価格は重要な指標だ」と指摘。「住 宅価格と経済回復の進展は密接に結びついている。これまで上昇して いた英国債がやや弱含んでいるのはそのためだ」と語った。

ロンドン時間午後4時20分現在、2年債利回りは前日比4ベー シスポイント(bp、1bp=0.01ポイント)上昇し、0.76%。一時 は0.72%と、少なくとも1992年以降の低水準にあと0.5bpのと ころまで接近する場面もみられた。同国債(表面利率4.25%、2011 年3月償還)価格は0.07ポイント下げ、104.99。10年債利回り は3.63%と、前日から2bp上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE