メルケル独首相:FDPと連立政権協議開始、税金など意見対立も

ドイツのメルケル首相が率いるキ リスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)は自由民主党(FDP) との連立政権構築に向けて話し合いを開始した。ただ両党は税金や労 働市場規制をめぐり意見が対立している。

メルケル首相は2011年まで減税実施を見送る考えだが、FDP のベスターベレ党首はより迅速かつ大幅な減税、さらなる労働市場 の規制緩和を訴えている。

ベスターベレ党首は28日、ベルリンで記者団に対し、「この分 野での方針がFDPの綱領なのは明らかだ」と語り、できるだけ多 くの綱領が受け入れられるよう「全力を尽くす」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE