米北東部は10年ぶりの厳冬に、弱いエルニーニョで-気象予報士

米北東部では弱いエルニーニョ 現象の影響で今冬は過去10年で最も寒さが厳しくなる見通しだ。コ モディティ・ウェザー・グループの気象予報士、マット・ロジャーズ 氏が28日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで語った。 エルニーニョは、太平洋赤道域の中央部から南米ペルー沖にかけ海面 の水温が平年より上昇する現象。

ロジャーズ氏は「弱いエルニーニョ現象は、米東海岸に冷たく 雪の多い天候をもたらすことで知られている」と述べた。その上で「70 -75%を超える確率で、弱いエルニーニョにより寒さは厳しくなり、 暖房需要は通常よりも高くなりだろう。これはかなり正確な確率だ」 と続けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE