コスモスイニ:金融支援675億円-債務株式化、債務免除(Update1)

コスモスイニシアは28日、債 務の株式化(デット・エクイティ・スワップ)や債務免除などで総額 675億円の金融支援を受けることで金融機関の同意を得たと発表した。

同社は、第三者割当による第1種優先株式発行する。発行株数は 3050万株で、発行価額の総額は305億円。同株式は、三菱UFJ銀 行など13銀行に割り当てる。また、債務免除の対象は、取引先13 金融機関などからの借り入れで、借入金は連結ベースで370億円。

同社は、「事業再生ADR手続き」という新手法で私的整理を進 めてきたが、同日に開いた債権者会議で、全対象債権者の同意を取り 付け、同ADR手続きが成立。これを受けて、債務超過の解消ととも に、財務基盤の安定化を図るため、債務の株式化などを決めた。

ジャスダック証券取引所は同日、コスモスイニシアの事業再生計 画を認定したと発表した。ジャスダックは上場廃止基準に基づき同社 の時価総額の査定を開始した。29日から10月28日の1カ月間の 平均上場時価総額か、最終日(10月28日)の上場時価総額のいずれ も5億円未満になった場合に上場廃止となる、としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE