中国株(午前):上海総合指数、下落-連休控え銀行・保険株が安い

28日午前の中国株式市場で、上 海総合指数は下落。投資家が1週間強にわたる国慶節(建国記念日) の連休を前にリスク圧縮を図る中、銀行・保険株を中心に下げている。

中国最大の銀行、中国工商銀行(601398 CH)は1%安。同国保 険最大手の中国人寿保険(601628 CH)は1.2%下げた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半) 現在、前週末比9.3ポイント(0.3%)安の2829.59。一時は0.7% 高まで上げていた。上海、深セン両証取のA株に連動しているCSI 300指数は同0.3%安の3051。中国の金融市場は国慶節のため、10 月1日から8日まで休場となる。

フォーチュンSGAMファンド・マネジメントのガブリエル・ゴ ンダード副最高投資責任者(CIO)は、「国慶節の長い連休を控え、 ここ3営業日は神経質な展開となるだろう」と予想している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE