アイルランド:リスボン条約への反対27%に増加、賛成55%-世論調査

10月2日に行われる欧州連合 (EU)の新基本条約、リスボン条約に関するアイルランド国民投票 を前に、同条約に反対する国民が増えていることが、同国日曜紙サン デー・ビジネス・ポストの世論調査で分かった。

27日発表の同調査(1008人対象)によると、リスボン条約に反 対の人の割合は27%と、前回9月13日の調査から2ポイント上昇し た。一方、国民投票で賛成票を投じると答えた人は55%と、前回の 54%から1ポイント上昇した。調査の誤差範囲については明らかに されていない。

アイルランドの有権者は、前回2008年6月に実施された国民投 票でリスボン条約批准を拒否し、EUが目指していた加盟27カ国の 意思決定方式の簡素化への取り組みを阻止した。

調査は今月21-23日に、18歳以上の成人を無作為に抽出した電 話インタビューを通じて実施された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE