中国:香港で初の人民元建て債の販売開始-60億元規模

中国政府は香港で60億元(約 785億円)規模の人民元建て政府債の販売を開始した。香港では初め てとなる元建て債の起債を成功させるため、本土よりも高い金利を設 定している。

引き受けを担当する交通銀行と中国銀行の香港部門が発表した 資料によれば、中国財務省は香港で期間5年(表面金利3.30%)と 3年(同2.70%)、2年(同2.25%)の債券を発行する計画だ。

李勇財政次官は販売開始の式典で、「より安全かつ安定した元 建て債が香港投資家の間で人気となると信じている」と語った。さら に、「元建て債券市場は今後も発展を続け、しかも極めて急速に拡大 すると確信している」と述べた。

中国財務省によると、同国政府債の起債は世界貿易での人民元 の利用促進と香港債券市場の発展加速が狙い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE