今週のインド:4-6月期の経常収支を30日発表-中銀

今週インドでは、準備銀行 (中央銀行)が9月30日に4-6月期の経常収支を発表する。 1-3月期は、ソフトウエア輸出や国内向け送金の増加を受け、 47億5000万ドルの黒字と、2007年1-3月期以来初めて黒字 を確保した。昨年10-12月期は過去最高となる130億ドルの赤 字だった。

9月28日はヒンズー教のダシャーラーの祭日のため、政府 や銀行は休業、債券・為替・株式市場は休場となる。今週は10 月2日もガンジー生誕記念日のため祝日。

先週のインド市場では、株式相場の指標センセックス指数が 前週末比0.3%安で取引を終了。世界的な景気回復の遅れが、国 内企業の業績に打撃を与えると懸念された。国内アルミ最大手の ヒンダルコ・インダストリーズや、ソフトウエア・サービス2位 のインフォシス・テクノロジーズの下げが目立った。

インド国債相場は下落し、利回りはほぼ2週間ぶりの高水準に 上昇。入札を前に投資家の売りが優勢だった。インド中銀の取引 システムによると、指標の10年物国債(表面利率6.90%、 2019年償還)の利回りは7.17%。

通貨ルピーは週間ベースで3週連続の上昇。海外ファンドが インド資産を買い増した。ブルームバーグの集計データによる と、ルピーは前週末比0.3%高の1ドル=47.9875ルピーで先週 の取引を終えた。

-- Editor: Sam Nagarajan

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Pooja Thakur at +91-22-6633-9032 or pthakur@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andreea Papuc at +852-2977-6641 or apapuc1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE