欧州委のクルス委員、英銀ロイズに一部部門の売却を要請へ-FT紙

英政府の支援を受けた英銀 ロイズ・バンキング・グループは欧州連合(EU)から、リテー ル部門と法人向け銀行部門の一部売却を求められる見通しだ。英 紙フィナンシャル・タイムズ(FT、オンライン版)が26日、 ロンドンとブリュッセルの事情に詳しい匿名の関係者の話を引用 して報じた。

同紙によれば、EUの行政執行機関である欧州委員会のクル ス委員(競争政策担当)はロイズに対して一部の部門の売却を実 施するよう求め、任期切れとなる10月末までに最終的な決定を 下したい意向だ。ロイズは傘下の住宅金融組合チェルトナム・ア ンド・グロスター(C&G)の全164支店を閉鎖する以上に踏 み込んだ行動が必要だとも、同紙は伝えた。

ロイズの広報担当、レイ・カルダー氏はコメントを控えた。

-- Editor: Peter Torday

--*

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Brett Foley in London at +44-20-7073-3436 or bfoley8@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Simon Casey at +44-20-7673-2631 or scasey4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE