米財務省、各州の住宅金融機関への支援プログラムを計画-当局者

米財務省が低所得層向け住宅ロー ンを提供する各州の住宅金融機関を支援するため、新たな資金供給・ 住宅ローン証券買い入れプログラムを計画していることが、複数の同 省当局者の話で分かった。

非公開であることを理由に関係者の1人が匿名を条件に明らかに したところによれば、このプログラムは、最長3年間にわたり最大150 億ドル(約1兆3400億円)の新規資金を供給することや、州住宅金融 機関が発行する非課税扱いの住宅ローン証券を年末までに最大200億 ドル相当を買い入れるのが柱。早ければ30日に発表される。

この関係者によると、プログラムは公的管理下にあるファニーメ イ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社) が運営。両社は住宅ローン証券の買い入れも行うという。

カリフォルニア住宅金融庁(CHFA)など各州の住宅金融機関 は過去1年半にわたり、資金調達コストの拡大や流動性不足に苦しん でいる。

-- Editors: Joe Winski, Lily Nonomiya

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Dawn Kopecki in Washington at +1-202-624-1915 or dkopecki@bloomberg.com. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Larry Liebert at +1-202-624-1936 or lliebert@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE