日経平均株価が1万円割れ、日中ベースでは7月24日以来

午前の東京株式市場では、日経平均 株価が取引時間中としては7月24日以来、およそ2カ月ぶりに1万円の 大台を割り込んだ。ドル・円相場が一時1ドル=88円台前半と約8カ月 ぶりの円高水準に達していることから、自動車や電機など輸出関連業種 を中心に収益への悪影響を警戒する売りが優勢となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE