NY原油時間外:下げに転じる、66ドル割れ-アジア株安を嫌気

ニューヨーク原油先物相場は28 日の時間外取引で下げに転じた。アジア株式相場が下げていることで 燃料需要の回復が長引くとの懸念が強まった。

原油相場は朝方、上昇。世界第4位の産油国イランが新たなウラ ン濃縮施設の建設が発覚した問題で西側当局者と協議を行う数日前に ミサイル試射を断行し、中東情勢が緊迫化したことが材料だった。米 耐久財受注が予想外に減少したことが響き、MSCIアジア太平洋指 数は一時、1.7%下げた。

ニューエッジ・ジャパン商品デリバティブ営業部の長谷川健課長 は経済実態を見極めたいと皆が思っていると指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物11月限はシ ンガポール時間午前10時23分(日本時間同11時23分)現在、19 セント安の1バレル=65.83ドルで推移している。一時は64セント (1%)高の66.66ドルまで上昇した。原油先物の年初来上昇率は 48%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE