日本株は大幅続落、日経平均一時2カ月ぶり1万円割れ-円急伸嫌気

日本株相場は大幅続落。日経平 均株価は7月24日以来、約2カ月ぶりに一時1万円の大台を割り込 んだ。ドル・円相場で円が急伸し、業績悪化懸念から電機、自動車な ど輸出関連株が下落。自己資本規制強化への警戒、増資に伴う1株価 値希薄化への懸念などから、証券や銀行といった金融株も売られた。

日経平均株価の終値は前日比256円46銭(2.5%)安の1万9 円52 銭。TOPIXは同19.83ポイント(2.2%)安の902.84。 東証1部の業種別33指数は、電気・ガスや倉庫・運輸、小売などを 除く28業種が安く、時価総額は298兆円と7月23日以来、300兆 円を割り込んだ。

住友信託銀行の瀬良礼子マーケット・ストラテジストは、「円 高・ドル安という為替の流れが急展開することは難しい。民主党=円 高というイメージが浸透した上、米経済指標は市場予想を下回る内容 が相次いでいる」と指摘。仮にドル・円相場が1ドル=88円台を割 り込むことになれば、「日経平均は9000円台前半まで下落する可能 性がある」と見ている。

週明けの日本株相場は、朝方から下げ基調を強めた日経平均が午 後早々に一時、294円安の9971円と7月24日以来の安値まで下げ た。投資家の中期的な平均売買コストである75日移動平均線(1万 71円)も7月15日以来、2カ月半ぶりに割り込み、目先は調整局 面入りの様相を呈している。

証券ジャパン調査情報部の大谷正之副部長によると、「チャート 分析的には、7月13日に付けた直近安値(9050円)と、8月31日 の直近高値(1万767円)の半値押し水準である9800円がめどにな りそう」という。

幻のV字回復を懸念

投資家が警戒感を強めているのが、為替相場の動向だ。東京時間 28 日午前には、ドル・円相場が一時1ドル=88円24銭と、1月 26 日以来の円高水準まで急伸。米金融緩和が長期化するとの見方か らドルの先安観が強まっている上、藤井裕久財務相が為替介入に否定 的な姿勢を示していることなどを材料視し、円買いの動きが活発だっ た。

ただ藤井財務相は午後、ブルームバーグ・ニュースの東京支局で 行われた講演で、「為替は安定的なのが望ましい」などと発言し、円 上昇の勢いはやや鈍った。しかし、ドルの先安・円の先高観は根強く、 輸出関連株が終日相場の下げを主導。TOPIXの下落寄与度上位に は電機、輸送用機器、化学、機械などが並んだ。

しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹投信グループ長は、 「1ドル=90円台を下回る水準で円高が推移すれば、下方修正の動 きが現実化してくる。そうなれば、来期業績のV字回復が幻になる可 能性が出てくるため、現在の株価の居所が割高になる」と警戒する。

日本銀行が7月に発表した6月調査の企業短期経済観測調査(短 観)では、大企業製造業の今年度の想定為替レートは1ドル=94円 85銭、足元の為替水準はこれより5円以上の円高だ。今後始まる第 2四半期(7-9月)決算の発表を控え、採算性悪化の懸念から、輸 出関連株には売りが出やすかった。

政府と市場の対話、G20受け銀行も安い

BNPパリバ証券株式・派生商品営業部の平塚基巳部長は、「政 策に関連するどのような発言が出てくるかで相場は変わる状態。しか し現在、政府とマーケットの対話がうまくいっていない」と見ている。

自己資本規制の強化を警戒し、銀行株も売られた。20カ国・地 域(G20)首脳は25日、声明で、銀行に健全な報酬慣行を直ちに実 行するよう求めるとともに、2013年までに自己資本規制の強化を図 る方針を明らかにした。金融機関が一段の増資に動けば、1株利益の 希薄化につながるとの懸念が根強い。公募増資を24日に発表した野 村ホールディングスは下げ止まらず、半年ぶりの安値水準。

東証1部市場の騰落状況は値上がり銘柄数458、値下がり1138。 売買高は21億2047万株、売買代金は1兆4126億円。

近鉄、芝浦メカが大幅安、良品堅調

個別では、第三者割当による2014年満期ユーロ円建て転換社債 型新株予約権付社債(CB)を総額300億円発行する近畿日本鉄道、 半導体・液晶パネルメーカーの設備投資が想定より弱く、今期は一転 最終赤字見通しの芝浦メカトロニクスが大幅安となった。

燃料やターミナル費用といった関連コストが想定以上に上昇し、 第2四半期の営業赤字が130億円(従来予想は50億円の赤字)へ拡 大する見込みの商船三井が4月以来の安値。業績懸念から海運株は軒 並み下げた。大和証券SMBCが投資判断を「2(アウトパフォー ム)」から「3(中立)」に下げた日本電気硝子が4カ月ぶり安値。

半面、クレディ・スイス証券が25日付で、投資判断を「中立」 から「アウトパフォーム」に引き上げた良品計画のほか、コスト削減 などで収益性を高めた結果、第1四半期(6-8月)決算は3%の営 業増益を確保した日本オラクルがいずれも年初来高値。

新興3市場は軒並み安い

国内新興3市場は軒並み下落。ジャスダック指数は前営業日比

0.6%安の49.42、東証マザーズ指数は同3.6%安の444.09、大証 ヘラクレス指数は同2%安の594.82。

個別では、前期での受注鈍化や今期に受注した試験の終了時期が 想定より遅かったことなどから、10年3月期の業績予想を下方修正 したJCLバイオアッセイがストップ安(値幅制限いっぱいの下落) 比例配分。競争激化など受注環境の悪化で10年3月期の業績予想を 下方修正したイーウェーヴもストップ安比例配分となった。グリーや ミクシィ、クックパッドなどインターネット関連も安い。

半面、ショッピングサイト「ZOZOTOWN」に男女向けショ ップ「45R(フォーティファイブ・アール)」がオープンすると発表、 相次ぐ店舗オープンを受けてスタートトゥデイが続伸。液晶装置子会 社の事業計画確定で、10年3月期末の最終純損失が8500万円の赤 字から3300万円の黒字に増額修正したヘリオステクノホールディン グスが急騰。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE