中国:1-8月の工業企業利益は10.6%減-景気回復で減少ペース鈍化

中国国家統計局が27日発表した同 国の1-8月の工業企業の利益は減少ペースが鈍化した。4兆元規模 の景気刺激策と上半期における過去最大の銀行融資が寄与した。

1-8月の工業企業の利益は前年同期比10.6%減の1兆6700億 元(約21兆9000億円)となった。1-5月の減少率は22.9%だった。

アジア開発銀行(ADB)は22日、工業生産や不動産取引の増加 と過去最高の自動車販売台数による景況感の改善を背景に、2009年の 中国の経済成長率予想を上方修正した。中国政府は同日、産業が引き 続き重大な局面にあり、輸出需要の落ち込みは急速には回復しないと の慎重姿勢を示した。

ムーディーズ・エコノミー・ドット・コムのエコノミスト、シャ ーマン・チャン氏(シドニー在勤)は、「中国経済は力強いペースで回 復している」としたうえで、「中国本土が堅固な基盤にあることは世界 の景気回復にとって良い兆候だ」と指摘した。

1-8月の工業企業の売上高は前年同期比1.6%増の32兆4000 億元だった。統計は、鉄鋼、化学などを含む39業種で年間売上高500 万元超の企業を対象としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE