ラガルド仏財務相:7-9月はプラス成長に、景気回復を優先-LCI

フランスのラガルド財務相は、同 国経済が7-9月(第3四半期)にプラス成長になると予想する一方、 景気回復の勢いを強めることが為替問題よりも優先されるとの認識を 明らかにした。

ラガルド財務相はフランスのニュース専門テレビ局LCIとのイ ンタビューで、「第3四半期はプラス成長になるだろう」と発言。正 確な数字は示さなかったものの、2010年の0.75%という成長率見通し は「控えめだ」と指摘し、「弱いインフレ」が予想されると語った。 また、世界各地で見られる景気回復の兆しはなお「脆弱(ぜいじゃく)」 との見解を示した。

ラガルド財務相は、ドルと比較した場合のユーロの相対的な強さ が成長と欧州の競争力の妨げになるかとの質問に対して、20カ国・地 域(G20)が通貨問題の討議に適した場になろうと述べるにとどめた。

財務相は「問題を1つずつ解決していく。今は危機からの脱却と 景気回復、金融業界への規律定着を目指す」と説明。「次に通貨問題 への対処が必要になるだろう」と語った。

さらに人民元については、「ドルと人民元の通貨間の調整のつけ をユーロが払うことは容認できない」と述べ、「協調的な景気刺激策 による景気回復の支援が主要な問題だ」と付け加えた。

-- Editor: John Simpson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Heather Smith in Paris at +33-1-5365-5064 or hsmith26@bloomberg.net Tara Patel in Paris at +33-1-5365-5058 or tpatel2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Anthony Aarons at +44-20-7673-2227 or aaarons@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE