米アボット:ソルベイの医薬品部門の買収で合意近い-関係者

米医薬品開発のアボット・ラボ ラトリーズは、ベルギーのソルベイ社の医薬品部門買収で合意に近づ いている。買収額は48億ユーロ(約6330億円)相当で、アボット はコレステロール剤「トリコール」を完全取得する。事情に詳しい3 人の関係者が明らかにした。

協議が非公開であることを理由に公での発言を控えた同関係者に よれば、早ければ28日にも合意が発表される。ソルベイの医薬品部 門買収をめぐっては、スイスの製薬企業ナイコムドや武田薬品工業も 競っていたという。事情に詳しい関係者1人によると、買収額には 45億ユーロの現金と、2011-13年の期間に医薬品販売動向に応じて 最大3億ユーロの条件付支払いが含まれている。

消費者が支出を抑制する中、アボットの偏頭痛治療薬「デパコ テ」は後発医薬品(ジェネリック)との競争にさらされているほか、 昨年45億ドル(約4030億円)を売り上げた主力薬品の抗リウマチ 剤「ヒューミラ」も販売減少のリスクに直面している。

両社はトリコールを共同で販売しており、08年の売上高はアボ ットが13億4000万ドル、ソルベイが5億1100万ユーロだった。今 年投入されたコレステロール治療薬「トリリピックス」でも両社は共 同で取り組んでいる。

両社の広報担当者は27日の電話インタビューでコメントを控え た。

To contact the reporters on this story: Jacqueline Simmons in Paris at jackiem@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Reg Gale in New York at rgale5@bloomberg.net; Phil Serafino at pserafino@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE