最も読まれた日本語記事(前週)-首位は「日本株は急反落」

前週(9月20日-26日)に最 も読まれたブルームバーグ・ニュースの日本語記事の上位10本は次 の通り({JREAD}画面に基づき27日夕時点で集計。番号をクリック すると記事が表示されます)。

1.日本株は急反落、増資警戒し野村など金融下げ-輸出安い 2.亀井金融相:私が担当「ああだこうだ言うな」返済猶予法案で 3.野村HD:公募増資で最大5113億円調達、今年2回目 4.日経平均終値は1カ月ぶり高値、連休中の為替安定や米低金利 5.アイフル:2000人削減、今期3110億円の赤字に-再生ADR 6.クレディS:幹部300人に株式支給へ、1人5億円超-FT紙 7.金持ちは家庭が第一、ランボルギーニは要らない-民間調査 8.野村:提携や合弁模索も、商品事業拡大で-欧州では人員も強化 9.08年英銀危機:2行が「数時間内に破たん」の恐れ-中銀総裁 10.FOMC:住宅ローン関連債購入を延長、景気は「上向き」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE