米財務長官の自己資本拡充要求は銀行融資の拡大を阻害-ボーブ氏

ロッチデール・セキュリティーズの アナリスト、リチャード・ボーブ氏は、ガイトナー米財務長官が求めて いる銀行の自己資本比率引き上げは銀行融資の拡大を阻害するとの見 方を示した。

ボーブ氏は24日付リポートで、自己資本比率は過去73年で最高と なっており、これ以上の備えが必要な理由は「極めて理解し難い」と説 明。「ガイトナー財務長官は自身と議会が銀行に要求しているつもりの 融資拡大を結果的に妨げることになる」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE