IMF専務理事:世界経済に回復の兆候、失業は引き続き増加

国際通貨基金(IMF)のストロス カーン専務理事は、世界経済には回復の兆候が見られるものの、今後も 引き続き失業者は増えるとの懸念を示した。

同専務理事はフランス民間テレビTF1で25日に放映されたイン タビューで、「回復の兆候が見られる。IMFは世界経済が来年上期に 回復すると予測しており、その見方を変えていない」と述べる一方で、 「問題はプラス成長に戻っても失業がなくなるわけではなく、増加し続 けるだろうことだ」と指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor: Chiaki Mochizuki 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Steve Rhinds at +33-1-5365-5072 or srhinds@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE