20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の首脳声明骨子

米ペンシルベニア州ピッツバーグで 開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が25日午後に発 表した首脳声明の骨子は以下の通り。

①短期的には景気刺激策を継続 ②出口戦略は景気回復が十分に確保された時点で実施されるべきだ ③出口戦略の作成を11月のG20財務相・中央銀行総裁会議で継続 ④各国の経済政策を相互評価する枠組みを11月までに始動させる ⑤銀行に対し、資本増強のため利益をより多く留保するよう要請 ⑥銀行の自己資本の質と量を改善。景気回復を前提に2012年末までに段 階的に実施 ⑦監督当局は金融機関の報酬制度を調査し、より高い自己資本を課すな ど是正措置を適用 ⑧金融機関に健全な報酬慣行の即時実施を要請 ⑨国際通貨基金(IMF)のクオータを新興国・途上国に最低5%移す ⑩化石燃料への補助金は非効率であり、段階的に廃止・合理化 ⑪G20サミットは10年6月にカナダ、11月に韓国で開催。11年はフラ ンスで開く

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE