米中両国は不均衡是正に数年要する可能性-G20サミットでの公約

米中両国政府当局者の発言 によれば、オバマ米大統領と胡錦濤中国国家主席が掲げる貿易と 投資の不均衡縮小には、実現までに数年を要する可能性が高い。

20カ国・地域(G20)首脳は24、25両日、米ペンシルベ ニア州ピッツバーグでのG20首脳会議(サミット)で、消費の ため海外からの借り入れに頼る米国や輸出に依存する中国など、 金融危機につながったと非難される世界的な不均衡是正に向けて 議論した。

ネルソン米国務次官補代行はインタビューで、「そう単純な ことではない。声明を書いて達成できるわけではない」と指摘。 中国国家発展改革委員会(発改委)外事局(国際担当部門)の馬 欣局長は、同国の「低い」消費支出は「長年にわたって積み上が った構造的な問題だ」と警告した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE