仏大統領:IMFが金融取引への国際的な課税の可能性を検討へ

サルコジ仏大統領は25日、ピッツバ ーグでの20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)閉幕後の記者会見 で、G20が国際通貨基金(IMF)に対し、金融取引への国際的な課税 の実現の可能性について検討を依頼したことを明らかにした。G20は首 脳声明で、IMFが次回会合のために報告書を準備するよう求めた。 同大統領は投機を抑制し、長期的な投資を促す方法として「トービン 税」を提唱している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE