鳩山首相:景気についてまったく楽観していない-G20会合で発言

鳩山首相は米ピッツバーグで開 催された20カ国・地域(G20)緊急首脳会合(金融サミット)2日 目午前の協議で日本経済について発言し、「雇用環境はこれから相当 悪化するのではないか。一時的に回復しているが、まったく楽観して いない」との判断を示した。政府高官が記者団に明らかにした。

鳩山首相はまた、サミットで議論されている危機対策からの出口 戦略について、「出口戦略を作成するタイミングではない」とも述べ た。その上で、今後の経済政策運営について、「景気刺激策を今後も 続けたい」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Sachiko Sakamaki in Tokyo at +81-3-3201-7298 or ssakamaki1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: John Fraher at +44-20-7673-2058 or jfraher@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE