対円のドル売り、FRBが利上げ示唆する前の今が好機-三菱東京

三菱東京UFJ銀行は24日付調 査リポートで、米景気回復の兆しを受けて米連邦準備制度理事会(F RB)が利上げを示唆する前の今、円に対してドル売りを出すべきだ と指摘した。

同行為替調査部門の欧州責任者、デレク・ハルペニー氏(ロンド ン在勤)は、日本経済は世界的な景気回復に後れを取る可能性がある と記述。日本の貿易がほかのアジア諸国に比べ引き続き弱いことをそ の理由に挙げた。

FRBのウォーシュ理事は24日、米紙ウォールストリート・ジ ャーナル(WSJ、オンライン版)に寄稿し、FRBは「政策の正常 化が明白に不可欠となる前に、正常化を開始する必要があるだろう」 と指摘した。

ハルペニー氏は「11月4日の連邦公開市場委員会(FOM C)ではかなり内容の違う声明が発表され、景気回復に対する一段の 楽観を示唆するだろう。それを受け、来年はより積極的に金融緩和が 解除されるとの観測が高まる」と述べた。その上で、「円に対す るドル売りの好機は終了に近づいている」と続けた。

原題:Bank of Tokyo Says ‘Window Closing’ for

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE