メドベージェフ露大統領:「いかなる職務」にも意欲-12年任期満了後

ロシアのメドベージェフ大統領は 2012年の任期満了後の進退について「いかなる職務にも」就く準備が あると述べ、2012年に2期目を目指す可能性を示唆した。

同大統領は24日遅くに米ピッツバーグ大学で、現在の任期が終了 した際にプーチン首相と職務を交代する意向があるかとの問いに対し、 「ロシアにとって有益であるならば、どのような職務でも貢献する準 備がある」と答え、「働きぶりが評価され、すべてがうまく機能し、 国民が信頼してくれるのならば、出馬は当然の流れだろう」と語った。

メドベージェフ大統領は昨年、2000年から8年間大統領を務めた 現在のプーチン首相により後任に指名された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE