グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は3日続落。前日発表された米中古住宅販売件数 が予想外の減少となったことや商品相場下落が響いた。一方、融資拡 大の観測から中国の銀行株は上げた。

ブランド物スポーツカジュアル靴製造大手の裕元工業(551 HK)は2.2%安。同社は米国での売上高が全体の31%を占めている。 中国最大の石油会社、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は原油 安につれて1%下げた。上場初日の男性向けアパレルメーカー、中国 利郎(1234 HK)は、新規株式公開(IPO)価格比0.8%安で初 日の取引を終えた。

一方、中国工商銀行(ICBC、1398 HK)は、中国の9月の 銀行融資が前月比で増えているもようだとの報道を好感し0.5%上昇。

ハンセン指数は前日比26.33ポイント(0.1%)安の

21024.40で終了。一時は1.4%安まで売られた。一方、ハンセン中 国企業株(H株)は0.1%高の12056.48。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。週間ベースでは上海総合指数が6週ぶり の大幅安となった。商品相場値下がりに加え、株式の供給拡大で既存 株から資金が流出するとの懸念が高まった。

銅生産で国内最大手の江西銅業(600362 CH)は3.7%安。同 国最大の産金会社、紫金礦業(601899 CH)は2.8%値下がりした。 中国工商銀行(601398 CH)は1%下落。国内の取引所で約2890 億ドル(約26兆2000億円)相当の株式が来月、流通株になるとの 中国証券報の報道が嫌気された。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は前日比14.71ポイント(0.5%)安の

2838.84と、今月2日以来の安値で終了。週間では4.2%値下がり し、8月14日終了週(6.6%安)以降で最大の下落率となった。上 海、深セン両証取のA株に連動しているCSI300指数は前日比

0.7%安の3058.53。

チャイナ・インターナショナル・ファンド・マネジメントで運用 に携わる趙梓峰氏(上海在勤)は「原材料価格の下落は工業用需要が 恐らく予想よりも強くないことを示唆しており、これにより中国の景 気回復に対して懸念が生じている」と語った。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落。センセックス30種株価指数は1週間ぶ り安値を付けた。世界経済の回復には従来予想されていたよりも時間 がかかるとの懸念が広がったことを受け、資源株とソフトウエア輸出 銘柄が下げた。

産銅でインド最大手のスターライト・インダストリーズは1.2% 安。在庫増加に伴う需要減退への懸念から、上海市場の銅相場が下落 したことがきっかけ。

国内最大のソフトウエア企業、タタ・コンサルタンシー・サービ シズは2.5%下落。インドのソフトウエア企業にとって最大市場であ る米国の8月の中古住宅販売件数が失望する内容だったことが売りを 誘った。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比88.43ポイン ト(0.5%)安の16693.00で終了。週間ベースでは0.3%下げた。

スターライト(STLT IN)の終値は750.25ルピー、タタ・コ ンサルタンシー(TCS IN)は587.40ルピー。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比12.1ポイント(0.3%)高の4713.3。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比2.40ポイント(0.1%)安の

1691.48。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比21.00ポイント(0.3%)高の7345.22。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比4.61ポイント(0.2%)安の2662.82。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比0.67ポイン ト(0.1%)安の1217.39。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比6.97ポイント(1%)安の721.57。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比24.32ポイント(1%)安の

2444.58。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比16.00ポイント(0.6%)安の

2821.34。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE