フォルティス:配当再開へ、欧州とアジアでの事業拡大で買収も検討

銀行部門を昨年売却し経営破たん を回避したベルギーの保険会社、フォルティスは25日、配当支払いを 再開するとともに、欧州とアジアでの事業拡大を目指して企業買収も 検討する方針を明らかにした。

発表資料によれば、保険事業からの純利益のうち40-50%を年間 の現金配当支払いに充てる意向。フォルティスは約13億ユーロ(約 1720億円)のいわゆる裁量的資本を有しており、これを「数多くの投 資機会」に利用する可能性があるとしている。

同社はこの日、一連の戦略見直しの結果とともに、資本水準が現 環境下では適切と考えられる水準にあるとの認識も示した。

フォルティスはまた、ベルギー政府が保証する仏銀BNPパリバ から得た融資枠10億ユーロのうち7億6000万ユーロについて、不良 資産向けには充てないとしている。

BNPパリバは、フォルティス株主が4月に承認したことを受け、 同社のベルギーおよびルクセンブルクの銀行部門を取得した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE