NY原油先物時間外:上昇、66ドル台-下落行き過ぎとの見方

ニューヨークの原油先物相場は 25日の時間外取引で上昇している。24日には過去2カ月で最大の下 げを示したため、下落は行き過ぎとの見方から投資家の買いが入った。

米エネルギー省が23日発表した週間在庫統計で燃料在庫が増加 し、供給が過剰になっているとの観測が高まった。このため、原油相 場は24日に4.5%下げ、週間ベースでは7月以降で最大の下落とな る見通し。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場11月限 は一時、前日比46セント(0.7%)高の1バレル当たり66.35ドル。 シンガポール時間午前10時45分(日本時間同11時45分)現在、

66.33ドルで取引されている。週間の下落率は7.9%となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE