中国:貯蓄よりも投資を選好する世帯が増加-人民銀の調査が示す

中国人民銀行(中央銀行)が24 日公表した調査によれば、指標となる株価指数が年初来で57%上昇 する中、貯蓄より投資を選好する世帯数は7-9月(第3四半期)に 3四半期連続で増加した。

人民銀が国内50都市の世帯調査を基にウェブサイトに掲載した 資料によると、投資を志向する世帯数は約41.6%と、昨年末時点か ら12.5ポイント上昇。一方、銀行口座への預金を選んだ回答者は 43%余りと、過去最高だった4-6月期の47%から低下した。調査 では、消費を望むとの回答はわずか15.3%にとどまった。

5860億ドル(約53兆円)規模の政府の景気刺激策と1-8月 期に1兆2000億ドルを超えた融資が景気回復を後押しする中で、中 国株の指標である上海総合指数は2009年に入り上昇している。

--Luo Jun. Editors: Josh Fellman, Garry Smith

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net  Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Luo Jun in Shanghai at +8621-6104-7021 or jluo6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Philip Lagerkranser at +852-2977-6626 or lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE