ウォーシュFRB理事、刺激策の解除にも積極性必要-寄稿

米連邦準備制度理事会(FRB)の ウォーシュ理事は、景気や金融市場回復に向けた政策の解除をFRBは 導入時と同じ積極性を持って実行する必要があるとの考えを示した。米 紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライン版)が24日 夜、同理事の寄稿を掲載した。

ウォーシュ理事は「もし『何が何でも』という姿勢がパニックを抑 えるのに適切だったのなら、FRBの信頼感を確保するためには、回復 期のある時点で政策を同じような姿勢で解除することが必要になるかも しれない」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE