米航空各社の見通し改善、株価上昇-陰で搭乗客は有料化や混雑に泣く

航空業界最大手のデルタ航空や アメリカン航空の親会社である米AMR、ユナイテッド航空の親会社 UALの株価は米国市場で3月以降、2倍余りに上昇した。旅行需要 の不振が和らぐとともに、経営破たんの懸念が後退している。ただ、 旅客者にとって見通しはそれほど明るくない。

米航空各社は、より搭乗率を高めた形で機体を運行し、セントル イスなど一部都市からの便数は3分の2以上を削減、さらに一部の国 際線では2個目の預け入れ手荷物について50ドルを徴収するなどし ている。昨年、ジェット燃料価格が過去最高水準に上昇したことを受 け、預け入れ荷物は有料化されており、旅客の負担はますます大きく なっている。

バンク・オブ・マイアミの執行上級副社長で、毎週のように飛行 機を利用するアラン・ランドルフ氏(41)は「今こそ、航空運賃を 支払い続けている出張ビジネスマンへの待遇の改善を図る時ではな いかと思うが、航空各社はそうはしていない」と指摘する。

ランドルフ氏のような旅客が満席の機内で隣席の客と「ひじがぶ つかる」と不満を抱く一方で、投資家はそうした状況に妙味を見いだ している。航空各社が便数を減らし、以前は無料だったサービスを有 料化する中、ブルームバーグ米航空株指数は3月5日以降、S&P 500種株価指数を上回るパフォーマンスを示している。

航空業界全体で見ると、預け入れ手荷物の料金収入は2009年4 -6月(第2四半期)に6億6960万ドルと、前年同期から3倍以上 に増加した。アメリカン航空が1個目の手荷物を対象に有料化し、業 界大手の大半がそれに追随した。

-- With assistance from Kristen Haunss in New York. Editors: Ed Dufner, Jamie Butters

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Mary Jane Credeur in Atlanta at +1-404-507-1322 or mcredeur@bloomberg.net; Mary Schlangenstein in Dallas at +1-214-954-9451 or maryc.s@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jamie Butters at +1-248-827-2944 or jbutters@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE